So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

ライブ聴けて良かった曲 [aiko]

aikoの曲を紹介するブログです。

今回はライブであまりやらない曲の中から、聴けて良かった歌を挙げてみます。

蝶の羽飾り
ライブで聴きたい聴きたいと思っていてLLP.19でやっと聴けました。
最近にはない未練たっぷりの曲で、「あたしはあたしに嘘をつく 嫌い 嫌い 嫌い」のところが女心をよく表しているようで大好きです。
ピアノの切ない感じと息継ぎする間もないような詰め込まれた歌詞が、ライブで聴くとさらに良かったです。

寒いね...
LLR.5でイントロを初めて聴いたときは何の歌だろう?と思いました。それまではあまり気にしたことがない曲だったのですが、LLR.5バージョンのエレピを聴いて、一気に好きになりました。
原曲より明るくて、1番の過去を後悔しているところより2番の未来へ向かっている感じが強く伝わってきました。

線香花火
夏の終わりの切ないイメージの曲で、出だしの「あぁ あの日が最後だと知っていたなら」を聴くとこの歌の世界に入り込みます。僕は夏の夜の砂浜に2人で座っているところを想像して、波の音と少し涼しい風が吹いてくるような気がします。
ずっとフルで聴きたいと思っていましたが、LLR.8でやっと聴けました。

星電話
不思議なイントロで陰な歌です。夜の電車で1人窓の外の街の灯りを見ながら、思いふけっている絵が浮かんできます。
最初は変な歌だなと思っていましたが、何回も聴くうちに良さが分かって好きになるというスルメソングです。
LLP.16でふいに聴けてびっくりしました。

大切な今
LLP.19の前半でだけ演奏されました。最近にはない爽やかさの中にちょっと切なさを漂わせる歌で、今のシアワセな時間をストレートに表しています。ライブではaikoの歌声と感情がすごく伝わってきて充実感を味わえます。
ぜひまた聴きたい曲です。

星物語
僕が一番好きな歌で、ライブでイントロを聴くとぞわっとする曲です。
あなたとは別れてしまったけれど、私の人生にはあなたがいないとダメだったという歌詞です。
LLP.12の本編ラストでこの曲が始まったときには本当に感激しました。

タグ:aiko
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ライブで聴くのが好きな歌 [aiko]

aikoの曲を紹介するブログです。

今回はライブで聴くのが好きな歌を挙げてみます。

愛の病
ライブの定番で、アップテンポの激しめの曲となっています。
CDよりもライブで聴く方が盛り上がって魅力が出ます。
Cメロのスッと静かになるところがそれまでの激しさとの対比があって良いです。

陽と陰
イントロのピアノがこの曲が来たなと思わせます。激しくはなくノリやすいリズムでライブでは丁度いい心地よさが伝わってきます。
「迷い留まった」のところの弾ける感じが好きで、特にCメロのギターメロディの溜めた後のところが最高です。

エナジー
アップテンポで疾走感があってライブではもちろん盛り上がります。
恋愛が上手くいっていて最高の時をストレートに歌っていて、曲調にも幸せさが溢れ出ています。
この曲は会場の一体感がすごくて、終わった時には燃え尽きた状態になります。

彼の落書き
ライブ映えする曲で、サビ前のグッとテンポが上るようなところが好きです。
Cメロ後半の高揚感は本当にライブのためにあるような気がしてきます。
LLP.8の「ねぇこのかたまり冷えた心を今すぐ燃え溶かしてよ」から始まるパターンが、もう最高です。

未来を拾いに
最近のイチオシです!これも疾走感が好きで爽やかな気分になります。
ライブでは「先に行くから追いついてよね」のところのリズムを刻む感じがすごく気持ちいいです。
つまらない毎日と嘆いていた自分に、未来は楽しいよと伝えている曲です。


タグ:ライブ aiko
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

キスが巡る [aiko]

「キスが巡る」
 収録シングル「戻れない明日」
 収録DVD「Love Like Pop vol.13 add.(ポップとロック)」

アップテンポでカッコイイ曲です。Aメロののっぺりしたリズムからサビのスピード感があるリズムへの変化が良いです。
2番のサビから間奏に入るところと、間奏からCメロに入ったときの静けさが好きで、特に間奏のHand Clapが好みです。
ギターが目立っていてライブ映えします。

歌詞割りは複雑で、歌詞カードを見ながらでも歌うのが困難です。
歌詞の「チカチカ12色の光」というのは色鉛筆か蛍光ペンのことと言っていた気がしますが、忘れてしまいました。

s_modore.JPG

d_llp13add.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

約束 [aiko]

「約束」
 収録アルバム「秘密」
 収録DVD「LOVE LIKE POP add. vol.11.5(DECADE)」


aikoの曲を紹介するブログです。今回は「約束」を紹介します。

この曲はアルバム「秘密」の最後の曲で、最後の定番ミディアムバラードとなっています。
恋愛というか好きな人との思い出を歌っている感じですが、ファンのことを思って書いた曲ということらしいです。

改めて歌詞カードを見て驚いたのですが、「グランドに引いた白線の様な”石灰”舞う瞬間」なんですね。てっきり”世界舞う瞬間”だと思っていました。そういえば学校の白線を引くのは”石灰を引く”って言ってましたね。もう何十年も聴いていない言葉だなとしみじみしてしまいました。
それにしてもaikoは学校が舞台の曲がたくさんあります。「どろぼう」も「アスパラ」も「学校」も。よっぽど学校のことが印象に残っているんでしょう。

2番の「今日はさようなら今日でさようなら」という歌詞はaikoっぽい感じで、1文字変えるだけで「今日はさようなら」という毎日の学校帰りと「今日でさようなら」という卒業式を連想させるところが好きです。
「桜色の花火 朱色のコート」というところは「桜色」が春、「花火」が夏、「朱色」が秋、「コート」が冬で1年の移り変わりと早さを表しているのかなと思ったりもしてしまいますが、考え過ぎかもしれません。

kenzeeさんのブログでも書かれていますが、「幸せも痛みも永遠の約束」のところが変化するところが良いです。変化しているところがこの曲で1回だけ出てくるタイトルの「約束」というところがさらに良いです。

a_himitsu.JPG

d_llpadd115.JPG


タグ:感想 aiko 約束
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お薬 [aiko]

 収録アルバム「桜の木の下」
 収録DVD
 「Love Like Pop
 「LOVE LIKE POP vol.16(aiko 15th Anniversary Tour 「POPS」)」


aikoの曲を紹介するブログです。今回は「お薬」を紹介します。

失恋をしたけれど前を向いて行こう、傷を癒してくれるのは時間というお薬だけという歌です。

この恋はダメだったけど次に向おうというところが若いというか、今では新鮮に感じます。

「あたしがした後ろめたい事に涙も出ない」というところがありますが、aiko本で「ココアです」と言っているところから、私が浮気をしたということのようです。
aikoは主人公が浮気をする歌は少なく、「ココア」ぐらいしかぱっと思いつきません。

歌声は力強く、少し上ずったところが初期の歌ということを感じさせます。
間奏のリズミカルなピアノが良いです。

a_sakura.JPG

d_llp.JPG

d_POP16.JPG


タグ:aiko お薬
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

恋をしたのは [aiko]

「恋をしたのは」
 収録シングル「恋をしたのは」


aikoの曲を紹介するブログです。今回は「恋をしたのは」を紹介します。


スローテンポのaikoっぽい曲調で、aikoがファンだという「聲の形」の映画主題歌となっています。また、2017年の年明けCMにも使われました。
タイトルは「今度までには」とダブる感じがします。


最近のaikoにしては歌詞の文字数が少なく、そこがゆったりした感じを出しています。
Cメロの「恋をしたのはいつからか泣いたのは何度目か」のところが良くて、それまで淡々と進んできた歌が一気に感情を爆発させたように受け取れます。

歌詞は抽象的で解読するのは難しいですが、 「迷わぬよう歩いていけるたったひとつの道標」というところが、重要なフレーズに聞こえます。道標は好きな人のことなのか、それとももっと漠然とした恋をする気持ちのことなのか。どうなのでしょうか。

s_koiwo.JPG



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

まつげ [aiko]

「まつげ」
 収録シングル「雲は白リンゴは赤」
 収録DVD「LOVE LIKE ROCK ANOTHER SIDE(DECADE)」「LOVE LIKE ALOHA 3(DECADE)」「LOVE LIKE ROCK vol.4(ポップとロック)」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「まつげ」を紹介します。

この曲はCDのバージョンとライブで歌われるRockバージョンの2つがあります。
CDのバージョンはピアノがメインの静かな曲で、大好きな彼への想いを歌っています。主人公は彼のことを好きだけれど相手はそうでもないのか、うまくいっている感じではないです。「なんで出逢ってしまったのだろう」ともし出逢わなければこんな感情にはならなかったのにという感じです。
CDバージョンはただただ沈んだイメージですが、Rockバージョンはアップテンポになっていて元気な中に陰な雰囲気がある曲となっています。
僕はRockバージョンの方が好きで、特に「LOVE LIKE ROCK ANOTHER SIDE」の1曲目で、これからライブが始まるという感じが好きです。

s_kumoha.JPG

d_llranother.JPG

d_lla.JPG

d_llr4.JPG



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

水玉シャツ [aiko]

「水玉シャツ」
 収録シングル「あなたと握手」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「水玉シャツ」を紹介します。

3拍子の静かな曲で「September」と同じ系統です。
失恋後の落ち込んだ状態が歌われていて、とても陰なイメージがします。

沈み込んで「うつらうつら」眠っているかいないかの時に、失恋した彼の顔が浮かんできてしまう。はっとして起きると涙が頬をつたっている。そしてまた憂鬱な気分になるという感じでしょうか。考えただけでつらい状況です。

なんとなく歌を聴いていると相手にフラれたのかなと思いますが、ちゃんと歌詞を聴いてみると「あなたを好きだと認めてしまう事が 嫌なくらい切ない恋になりました」「どんなにあがいても昔と同じ 気持ちはもう2度と生まれてこないでしょう」「最後についた傷跡ヒリヒリと」と、どうやら相手にひどいことをされて自分から別れたようです。

相手の浮気がわかって、それが原因である日突然別れることになったのでしょうか。「最後に逢ったあの日は鮮明で 今のあたしには悪い夢の様」とその時の光景が頭に深く刻みこまれているのでしょう。

その時に着ていたのが”水玉シャツ”で、もう二度と着ることはないのかもしれません。

s_anatato.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プラマイ [aiko]

「プラマイ」
 収録シングル「プラマイ」
 収録アルバム「May Dream」
その他 「LOVE LIKE POP vol.18(「May Dream」特典CD)」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「プラマイ」を紹介します。

エレキギターとドラムの音が際立った元気な曲です。ドラマ「仮カレ」の主題歌になっていました。
タイトルは恋愛はプラスとマイナスがあるけどプラマイ、プラスで終われたらいいなという意味だそうです。

歌詞は「あいつより好きだった」というムカつく言葉を言われても、「今日逢いたいって言ってくれたら すぐ支度して飛んで行く」ぐらい好きな相手のことが歌われています。もう終わりにしようと思っても「リセット押して」気持ちが生き返ってしまうようで、ちょっとムカつく相手なのになんでこんなに好きなんだろうという感情でしょうか。「リセット」はファミコン世代はピンときますが、最近の世代にわかるのかなと思ってしまいます(笑)。

Aメロの淡々とした感じやサビの後ろで鳴っているエレキの音がいいです。あと「コップに張り付く水滴が時計で」の後の”ジャカジャカジャン”というところがかっこいいです。

s_pramai.JPG

a_maydream.JPG

d_llp18.JPG


タグ:aiko プラマイ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

まとめ2016 [aiko]

aikoの曲を紹介するブログです。

2016年のまとめです。


【アルバム】

「astral Box」
 キスでおこして

「GIRLIE」
 ロージー

「小さな丸い好日」
 ジェット 歌姫 恋堕ちる時 夏にマフラー ボブ ナキ・ムシ

「桜の木の下」
 愛の病 花火 傷跡 カブトムシ

「夏服」
 ロージー 心日和 September 雨踏むオーバーオール アスパラ

「秋そばにいるよ」
 赤いランプ 陽と陰 クローゼット 心に乙女

「暁のラブレター」
 彼の落書き アンドロメダ ふれていたい 夢のダンス 帽子と水着と水平線 すべての夜 えりあし

「夢の中のまっすぐな道」
 エナジー 明日もいつも通りに  恋の涙 ビードロの夜 愛のしぐさ 星物語2回目3回目

「彼女」
 シャッター 気付かれないように キスする前に 深海冷蔵庫 17の月 雲は白リンゴは赤 恋ひ明かす ある日のひまわり 

「秘密」
 二人 ハルとアキ 星電話 恋道 シアワセ ウミウサギ

「BABY」
 beat  milk KissHug 夏が帰る 指先 ヒカリ トンネル

「まとめI」
 milk 花火 赤いランプ カブトムシ 夢のダンス 二時頃 シャッター  気付かれないように えりあし

「まとめII」
 アンドロメダ 二人 ナキ・ムシ 歌姫 愛の病 KissHug 帽子と水着と水平線 ジェット シアワセ

「時のシルエット」
 Aka 冷たい嘘 運命 恋のスーパーボール クラスメイト 自転車

「泡のような愛だった」
 距離 サイダー 4月の雨 透明ドロップ キスの息 卒業式

「May Dream」
 何時何分 冷凍便 大切な今 蒼い日


シングル

「ハチミツ」
 ひまわりになったら

「あした」

「ナキ・ムシ」
 ナキ・ムシ 二時頃

「花火」
 花火

「カブトムシ」
 カブトムシ 恋人

「桜の時」
 アイツを振り向かせる方法

「ボーイフレンド」

「初恋」
 アスパラ

「ロージー」
 ロージー キスでおこして

「おやすみなさい」
 陽と陰 ココア

「あなたと握手」

「今度までには」
 愛の世界

「蝶々結び」
 帽子と水着と水平線

「アンドロメダ」
 アンドロメダ どろぼう 最後の夏休み

「えりあし」
 えりあし バスタブ ふたつの頬花

「かばん」
 テレビゲーム

「花風」
 ポニーテール

「三国駅」

「キラキラ」
 ある日のひまわり 

「スター」
 蝶の羽飾り こんぺいとう

「雲は白リンゴは赤」
 雲は白リンゴは赤 シーソーの海

「シアワセ」
 シアワセ

「星のない世界/横顔」
 恋愛

「二人」
 二人 ひまわりになったら 寒いね...

「KissHug」
 KissHug 線香花火

「milk/嘆きのキス」
 milk なんて一日

「戻れない明日」

「向かいあわせ」

「恋のスーパーボール/ホーム」
 恋のスーパーボール

「ずっと」
 ぬけがら

「Loveletter/4月の雨」
 4月の雨 そんな話

「君の隣」
 朝寝ぼう

「あたしの向こう」
 あたしの向こう

「夢見る隙間」
 未来を拾いに

「プラマイ」

「もっと」

「恋をしたのは」

今年の紹介は12曲で合計94曲になりました。
来年もよろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

愛の病 [aiko]

「愛の病」
 収録アルバム「桜の木の下」「まとめII」
 収録DVD「Love Like Pop
 「Love Like Rock」
 「Love Like Pop add.」
 「LOVE LIKE ROCK ANOTHER SIDE(DECADE)」
 「LOVE LIKE ROCK vol.4(ポップとロック)」
  「Love Like Pop vol.13 add.(ポップとロック)」
 「Love Like Rock vol.5(15)」
 「LOVE LIKE ALOHA 4(15)」
 「LOVE LIKE ROCK 0(aiko 15th Anniversary Tour 「ROCKS」)」
 「LOVE LIKE POP vol.16.5(aiko 15th Anniversary Tour 「POPS」)」 

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「愛の病」を紹介します。

この曲はライブの定番でかなり盛り上がる曲です。「桜の木の下」と「まとめII」では違うバージョンとなっていて、「まとめII」の方がライブに近いアップテンポバージョンとなっています。

相手を好きで好きで仕方ないという歌詞で、相手と付き合っているけど嫌いになられたらどうしようと思っているという感じです。
Bメロの「明日あなたがいなくなってあさって心変わりして いつか嫌いになられたら...」が一番印象に残るようにできています。この部分は1番と2番で歌詞は同じですが、2番は「「明日あなたがいなくなってあさって心変わりして いつか嫌いになられたら?」」とかぎカッコつきで声に出して言っているようになっています。この2番の「いつか嫌いになられたら」はライブではみんなで歌うことが多いです。

僕は間奏の盛り上がりからCメロですっと静かになるところが好きです。

a_sakura.JPG

a_matome2.JPG

d_llp.JPG

d_llr.JPG

d_llpadd.JPG

d_llranother.JPG

d_llr4.JPG

d_llp13add.JPG

d_llr5.JPG

d_lla4.JPG

d_ROCK0.JPG

d_pop16_5.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ボブ [aiko]

「ボブ」
 収録アルバム「小さな丸い好日」
 収録DVD「LOVE LIKE ROCK vol.4(ポップとロック)」
 「Love Like Rock vol.7(ROCKとALOHA)」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「ボブ」を紹介します。

この曲はエレピの弾き語りでaikoの演奏による一発録りのようです。
歌詞には「時々 思い〼」の”〼”(歌詞カードでは斜め線が反対)や「四六時中ぢゃないです。」の”ぢゃ”といった当時の高校生がよく使っていた言葉が入っていて、時代を感じます。
歌い方も初期のためか力が入っていて、「誰も好きになれません。」のところは今ではないような歌い方です。

CDは弾き語りですが、ライブではLLR4とLLR7で歌われたバージョンがあります。
こちらの方はギターが入ったりして明るめのアレンジとなっていて、僕はこちらの方が好きです。
特にイントロのエレピが最高です。

a_chisana.JPG

d_llr4.JPG

d_llr7.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大切な今 [aiko]

「大切な今」
収録アルバム「May Dream

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「大切な今」を紹介します。

この曲はaikoにあまりない系統で、少し哀愁が漂うメロディ恋人との幸せな状態を歌詞に乗せて歌っています。
aikoの歌声が自然体で、ほっこりする感じが好きです。

幸せな今を大切にしたいという思いが歌われていて、歌詞が素直に入ってきます。
サビはピアノストリングスと歌声が絶妙なバランスで、どれも主張しすぎず、どれも霞んでいないところがいいです。
aikoは変態的な曲が多いですが、こうゆう素直な曲を聴くとaikoの歌声の良さを再確認させられます。

a_maydream.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

失恋の曲(大人の別れ編) [aiko]

aikoの曲を紹介するブログです。

今回は失恋の曲(大人の別れ編)を紹介します。

明日もいつも通りに
歌詞に「指の間絡ませて繋いでたこの手が 大人な握手に変わっても」というところがあります。
別れることになっても嫌いになったわけではなく、これからもお互いがんばっていこうと握手しているシーンが浮かんできます。いろいろな事情があって大人な別れをしなくてはいけないこともあるのではないでしょうか。
サビの「だけど一生想うだろう 本当は大好きなの」というところが本音が出ているようで好きです。
aiko得意のハチロクでaikoのスタンダードのような曲です。

蒼い日
別れの日のことが歌われているのでしょう。「少し離れるね 元気でいようね」のところが大人な別れを想像させます。
Bメロの盛り上げ方がサビを引き立たせていて、特に「幸せな瞬間も 悲しみの蒼い日も」のところがとても良いです。
「いつかあたしもあなたに話すね あの日何を言いたかったか」という歌詞はどんなことを言えなかったのかとても気になってしまいます。いつか話すということは未来にまた一緒になりたいという願望でしょうか。本当は叶うことがないということに気付いているのかもしれません。
過去の出来事を思い出しているようなイメージがする、聴きごたえのあるバラードです。

「約束」
この曲は確かファンのことを思って作ったと言っていた気がしますが、「いつかまた逢える日が来るでしょう その日まで必ず元気でいてね」という歌いだしが事情がある別れを思い起こさせます。
ストリングスが入っていてとても悲しいような寂しいような印象です。
Cメロの「幸せも痛みも 永遠の約束」というところが、別れる前の大事な約束をしているシーンのようで心に響きます。

星物語
僕が一番好きな曲です。別れてしまったけど私の人生にはあなたがいなければいけないという歌です。それを歌っている最後の「一度きりのあたしの物語 あなたがいないといけない」という歌詞が大好きです。
サビは「いつまでもいつまでもあなたを 忘れずにいようと決めた そしてあたしの事も忘れないでいてね 我が儘だろうと お願いだから」となっていて、あなたとの恋が大切でそれを一生忘れないこと、そしてあなたにも私のことを忘れてほしくないという女の子のわがままが出ているところがいいです。
歌の最後はブレスで終わっていて、それがaikoの決意が表れているように感じます。
イントロのエレピが印象的なきれいな曲です。

失恋の曲をいくつか選んでみましたが、いかがでしたでしょうか。
やっぱりaikoは失恋の歌が一番良い気がします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

失恋の曲(後悔編) [aiko]

aikoの曲を紹介するブログです。

今回は失恋の曲(後悔編)を紹介したいと思います。 

愛のしぐさ
別れた後でふと道で会ってしまったというシチュエーションです。
やさしい曲調のバラードで、「あの日の2人があまりにも幸せそうでつい後悔しただけ」と後悔しています。
あなたを傷つけて「さよならを言われると何処かで気付いて」いたから、すねたふりや悲しい返事をして気を引こうとしたということでしょうか。その「すねたふりも悲しい返事も 伝わりづらい愛の仕草」という歌詞が大好きです。

自転車
ゆったりした曲調で温かい雰囲気の曲です。
別れたときのことでしょうか。「心の中にポツンとあった 優しい気持ちに背中を向けて」「あなたの右手 振り解いた」「こんな自分をいつ許せるだろう」と歌われていて、別れるという選択をしてしまった自分を後悔しているようです。
「長い坂を~こんなに好きな人に逢えた事は とても大きな出来事」というところが素敵です。

線香花火
不意に別れを迎えた歌です。あの日が最後だとわかっていたら、あなたを抱きしめたのかそれともきついことを言ったのか、どっちかなと思い返しています。
夏の終わりに夜の浜辺でいる光景が浮かんでくるようで、少し寂しい感じが漂っています。
最後の「やっぱりあなたの事好きだったよ」というところがいいです。

「もっと」
「もっと もっと」「そばにいたかった」と後悔している曲です。
「嫌いになればいい僕の事なんて忘れて」「嫌いになる言葉ばかり並べてた」という歌詞はどのような場面なのでしょうか。別れるときなのか、別れる前なのか。あなたのことが好きだけど、別れるために嫌われようとしたという女性特有の感情でしょうか。
aiko得意の6拍子の曲で、意外にも6拍子はシングルでは初らしいです。

気付かれないように
これも久しぶりに会ってしまったというバラードです。
久しぶりに会ってまだ好きだという気持ちを、相手に気付かれないようにしています。
今の彼女のことを聞く「勇気を出して笑って問いかけた 今の事 今の彼女」というところがハイライトで、彼女の感情が手に取るようにわかります。
別れた時に「味わった 消えない後悔」を乗り越えて次の恋に向かうところが描かれています。
ドラマのワンシーンのような歌詞がとても印象的な曲です。

失恋に後悔はつきものですが、なるべく後悔のないように毎日を過ごしたいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

失恋の曲(未練編) [aiko]

aikoの曲を紹介するブログです。

今回は失恋の曲(未練編)を紹介したいと思います。

赤いランプ
ゲームボーイの電池がなくなるときにつく赤いランプのことで、恋愛が終わりそうだということに例えています。
昔の歌なので未練が前面に出ています。「かすかに残ったニオイがかすって」と「遂げる事なくさようならをした」という歌詞がaikoらしくて好きです。
ライブでは盛り上がる一曲です。

深海冷蔵庫
失恋したての一番気持ちが沈み込んでいる時の状況です。深夜に台所で冷蔵庫に持たれて座っている絵が浮かんできます。曲調もしっとりしていて失恋した時に聞くと、さらに沈み込んでしまいそうです。
失恋のときに一番聞きたくない曲かもしれません。
最後の「日曜日も☆のリングも」の畳み掛けるところは聞きごたえがあります。

September
ラジオのコーナーから生まれた曲で、静かに別れた人への想いを歌っています。
好きな人の写真を見ながら1人で落ち込んでいる感じが伝わってきます。「まだ好きでどうしよう」「心残りなのはもっと手を繋ぎたかった」と全然未練を断ち切れていません。
これも昔のaikoを感じられる曲です。

「大切な人」
好きだった人から久しぶりに電話がかかってきたという歌です。
「あなたを想うと苦しくなるよ」「あなたの事が心の中で大きく 小さくいつまでも気になっている」とまだ好きな気持ちが感じ取れます。「ぎこちない笑顔見えなくて良かった」というところは、ぎこちない表情からまだ好きだということを悟られなくて良かったと思っているのでしょうか。
「思う夜は胸が壊れて」のところがaikoの感情が入っているようで好きです。

恋の涙
かわいらしい曲で若い時の失恋を思わせます。部屋で女の子が泣いているイメージが湧いてきます。
「涙枯れる程流したら奇跡は起きる?」というところが、もう戻らない恋だと知っていてもなんとかしたいという気持ちが伝わってきます。
「一度おじきして笑ってくれたあなたの特別な顔」というところが告白した時の事かな?と考えたりしてしまいます。

蝶の羽飾り
「あたしはまだあなたのことを好きで好きで好きで」と未練たっぷりの曲です。なのに「あたしはあたしに嘘を付く嫌い嫌い嫌い」と女心の不思議なところが出ています。好きな人をあきらめるために嫌いと思いこもうとしているのでしょうが、もっと好きなところを思いだしてしまうだけなのではないでしょうか...
「まだ空が綺麗過ぎて」というのはまだ好きな人のことの良い所しか見えないという意味なのかなと思ったりします。
イントロの爽やかなメロディとBメロがとても心地良くて、大好きな失恋ソングです。

失恋の曲はいっぱいあるのでどれを取り上げるか迷ってしましますね。


タグ:aiko 失恋 未練
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

蒼い日 [aiko]

「蒼い日」
収録アルバム「May Dream

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「蒼い日」を紹介します。

この曲は「May Dream」の最後に収録されていて、ラストの定番のバラードとなっています。
別録りした?ギターから始まり、サビではストリングスも入った壮大な感じになります。イメージとしては「baby」のラストの「トンネル」と重なります。

恋人と別れた最後の日のことが歌われていて、わけあって別々の道を進むことになったような雰囲気です。
ただ「少し離れるね 元気でいようね」というところから、別れることにはしたけれどもそれは一時的でまたいつか一緒になろうね。という願望が滲み出ています。

「一番星はずっと前に気付いてた」という歌詞がありますが、一番星が出ていることに私たちが気付いていたのか、それとも一番星が私たちの別れに気付いていたのか、どちらなのか気になります。
そしてその一番星にあなたも私も願い事をしたのでしょうか。「いつかあたしに教えてほしい あの日何を願ったのか」と「いつかあたしもあなたに話すね あの日何を言いたかったか」と歌われています。

何を言いたかったのかはもちろんわかりませんが、僕は勝手にこのように解釈して聴いています。
”本当は別れたくない。ずっと一緒にいたい。それがどんなに困難で、良くないことだと解っていても。そしてあなたも同じように私と一緒にいたいと心から望んでいてほしい。”

a_maydream.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

冷凍便 [aiko]

「冷凍便」
収録アルバム「May Dream

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「冷凍便」を紹介します。

これはどういう状況を歌っているのでしょうか?失恋は間違いなさそうですが、恋人同士だったのでしょうか?
「早く家に帰ったらなんかどうしていいかわからなくなる」とあるので、以前は遅くに家に帰っていた→学校で放課後彼と一緒にいたから。ってことでしょうか?
「一緒に帰ろうと約束していた友達が」「あの子と並んで帰って行く」の”あの子”は好きな相手のことでしょうか?それともまったく別の人?

聞く人によっていろいろな解釈ができそうですが、「傷つけるみたいにキスをして」ということは、やっぱり付き合っていて別れた後にその子が友達と仲良くなっているところを見てしまった。という感じでしょうか・・・「凍ったままの甘いハート」っていうのは彼との思い出なのかな。

この歌は歌詞の詰め込み方がすごくて、aikoが言いたいことを全部歌詞にしたんじゃないかと思ってしまいます。
リズミカルなピアノがとても良いです。

a_maydream.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

何時何分 [aiko]

「何時何分」
収録アルバム「May Dream

aikoの曲を紹介するブログです。今回はアルバム「May Dream」から「何時何分」を紹介します。

「May Dream」は失恋の曲が多いイメージなのですが、1曲目の「何時何分」はまさに失恋の悲しい歌です。しかも別れてからもまだ引きずっている様子が描かれています。
歌い出しから寂しい曲調とメロディーで、特にエレキギターの音色が悲しさを表しています。

別れてしまってたぶんもう会うこともない恋人のことを歌っているようで、別れたことへの後悔が滲み出ています。
2番の歌詞に「一瞬の眠気に襲われ 数秒つぶった間にさ」「あなたから連絡が来てたり」「そんなはずあるわけないな」という部分がありますが、これは失恋した人なら誰でも思った事があるのではないでしょうか。相手から連絡が来るはずがないけど、もしかしたらという思いをどこかで持ち続けている。そんな感情が歌われています。

僕はサビの「さようなら さようなら また今度さようなら」「今度ってつけたらさ 少し涙が落ち着くから」のところが共感できて、相手とはもう会えないだろうなと思っていても、やっぱりいつかまた会えるという希望を捨てられない、そのわずかな希望を頼りになんとか気持ちを落ち着かせるということはみんな同じようにしているのかなと思ったりします。

ちなみにタイトルになっている子供のころによく使った「何時何分何曜日」ですが、僕の地域では”何時何分何秒地球が何回回ったとき”って言っていました・・・

a_maydream.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

夏らしい曲 [aiko]

aikoの曲を紹介するブログです。
今回は夏らしい曲を紹介したいと思います。

KissHug
歌詞に「夏髪が頬を切る」とあって夏の歌ということが窺えます。
大好きな人のことを歌っていて、最後の「突然唇に触れた唇も」というところがいいです。
aikoの中で1、2を争うバラードで、LLA3のライブDVDの映像が神々しくて感動的です。

夏が帰る
タイトルに”夏”がついている曲です。LLA3が大雨で開催できるかどうかわからないというときに、雨よ止んでという願いからできた曲で、めずらしく恋愛とは少し離れた歌詞となっています。
夏っぽい爽快なアップテンポの歌です。

夏にマフラー
夏にマフラーを巻いているぐらい熱々な二人のことが描かれています。幸せな恋愛をそのまま幸せな歌詞で表していて、aiko初期の感じが伝わります。
とても爽やかなメロディで、「夏、日射しの雨きれいだ」の歌詞がキラキラしていて、とてもいいです。
「夏にマフラー」「ふたつの頬花」「星物語」は僕の大好きな曲です。

線香花火
恋人と別れた最後の日を思い起こしているところで、あの日が最後とわかっていたら彼の事を抱きしめたのか、それとも文句を言ったのかどうなんだろう?という曲です。「夜明け前の切ないキスも」という歌詞が好きで、海辺で夜中一緒にいて帰る前の光景が浮かんできます。
夏の終わりの寂しさを感じさせる歌です。

花火
夏のaikoと言えばこれ!というaikoの代表曲です。
「夏の星座にぶらさがって」の歌詞は本当にaikoっぽくてすばらしいです。明るい曲に失恋の内容、比喩を使った抽象的な歌詞というaikoのスタイルが出ていて、昔から変わらないなぁと思ってしまいます。
リズミカルなピアノがいいです。

aikoの夏の曲、いかがでしょうか。


タグ: 歌詞 aiko
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

サイダー [aiko]

「サイダー」
収録アルバム「泡のような愛だった」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「サイダー」を紹介します。

曲調は少し寂しいポップな感じで、別れる前の恋人のことが歌われています。
恋人のことを自分も相手も好きなのかどうかわからない。このまま別れることになるんだろうなぁ。恋人なのに私が「知らない顔知らない服」がある。「そもそも恋人って」「何だっけ?」という歌です。

何かきっかけがあるわけではなく自然消滅してしまう付き合いというのもあると思います。相手のことが嫌いではないけど、付き合った頃のように好きでもなくなった。なんだか寂しい感じですね。

2番のサビは相手への想いが薄れていてもまだ好きな感情がある今の状態が描かれていて、「あなたのそぶりを忘れたくても一生覚えている」「さよならって思えたらもう少し楽なのかなって」と歌われています。
「崩れる音聞いてあなたがやって来てくれるのなら」「大きな音立てて心を一度無しにしてもいい」というのはaikoが別冊カドカワで言っている『もう一度振り向いてもらうために、ちょっとなりふり構わない感情も書いてますね』というところでしょう。
相手がもう一度元のように愛してくれるのなら、私は何でもするよという想いでしょう。上手くいかない恋愛をした人が一度は思ったことがあることではないでしょうか。

1番のサビの「目と目が合った日も何度でも声を聞いた日も」「体が痺れる程に満たされたんだ」は本当に共感できる歌詞です。
恋をするとなぜあんなに体中が満たされるのでしょうか。

a_awano.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

自転車 [aiko]

自転車
 収録アルバム「時のシルエット」
 収録DVD「Love Like Pop vol.15 add.(15)」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「自転車」を紹介します。

この曲はアルバム「時のシルエット」のラストに収録されているバラードで、2011年のあけおめCMでも使われました。
ギターの優しい音色から始まり終始明るい感じですが、失恋の歌となっています。

歌い出しは「さっき小さな音が聞こえた」~「朝の白い空を見上げて」となっていて、夜明けが描写されています。
夜型のaikoが朝に別れた彼のことを考えているという構図です。

1番のサビは「あなたを温め あたしを冷ます」「右手と左手はここにあった」と彼との思い出を思いだしているところ、2番では「あなたの右手 振り解いた」「こんな自分をいつ許せるだろう」と主人公が相手を突き放してしまった後悔が歌われています。
Cメロでは「知らない明日がやって来る事 こんなにも辛いなんて」となっていて、あなたと別々の日々を過ごすことの辛さを感じさせます。

最後の「こんなに好きな人に逢えた事は とても大きな出来事」というのは好きなフレーズです。
人生で本当に好きな人に出逢えるのはあまり多くないことだと思いますが、そんな人に逢えた喜びと自分の人生での大切な一部分という想いがつまっているような気がします。
その反面そんな人とずっと一緒にいたかったという苦しい想いも感じてしまいますが・・・

a_tokino.JPG

d_llp15add.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

雲は白リンゴは赤 [aiko]

「雲は白リンゴは赤」
 収録シングル「雲は白リンゴは赤」
 収録アルバム「彼女」
 収録DVD「LOVE LIKE POP add. 10th Anniversary」
 「LOVE LIKE ROCK vol.4(ポップとロック)」
 「ウタウイヌ4」
 「LOVE LIKE ROCK vol.6(aiko 15th Anniversary TourROCKS」)」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「雲は白リンゴは赤」を紹介します。

とにかく明るくてポップな曲で、aikoの歌声も明るく元気です。しかし歌詞の内容は失恋した彼を別れてからだいぶ経った今も忘れられず後悔しているというものです。

歌詞から別れたことはすぐにわかりますが、「あれからあたしも色々あったよ」「夏は何度もやって来る」「まだ好きなの?と言われそうだから」というところで相当前に別れた彼氏のことだとわかります。
それでもまだ忘れたくないようで、「細い糸を紡ぐ様よ 切れないであたしの心」「あなたとまた同じ夢を見たい」と歌われています。
「毎日を過ごすのがこんなにも辛いなんて」というのは失恋したことがある人なら思わず共感してしまうのではないでしょうか。

曲はBメロに入るところがなんとなく切なくてグッときます。それとサビの最後の「まぎれ泣いた」のところも笑顔で泣いている主人公が浮かんできて、切ない気分になります。

「逢いたい逢いたい逢いたい」のところがこの曲で1番良くて、未練のある彼氏へのストレートな想いが伝わってきます。

s_kumoha.JPG

a_kano.JPG

d_llpadd10.JPG

d_llr4.JPG

d_utau4.JPG

d_ROCK6.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

卒業式 [aiko]

卒業式
収録アルバム「泡のような愛だった」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は3月にぴったりな「卒業式」を紹介します。

これはaikoが学生時代を思い出して書いた曲ということで、卒業式に学校生活を振り返っているような歌詞です。
卒業式のイメージにぴったりなゆったりとした曲調で、体育館でみんなが並んでいる様子が思い浮かびます。

この曲のハイライトは大サビの「目覚ましの音~あなたとあたしは今日もさようなら」のところで、aikoの想いが迫ってくるのを感じます。「深海冷蔵庫」にも同じような大サビがあります。

アルバムのラストを飾るのにふさわしいバラードです。

a_awano.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ある日のひまわり [aiko]

「ある日のひまわり

収録シングルキラキラ
収録アルバム「彼女」
収録DVD「LOVE LIKE POP add. 10th Anniversary」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「ある日のひまわり」を紹介します。

これはaikoが高校時代を思い出して書いた曲ということで、どことなく昔を懐かしむ曲調となっています。
あまのじゃくで素直に好きと言えない、素晴らしい彼と自分は不釣り合いと思っている女の子のことが描かれているようです。
最後には自分と彼の心が通じなくなってしまって別れることになったけど、あの時は「好きだったよ」と綴られています。
歌詞に「黒と白の嘘を重ねて」とありますが、「白い服黒い服」では白=結婚式、黒=お葬式ということだそうです。これも同じ意味なのでしょうか?

「もう決して~好きだったよ」のところが過去を思い出している感じが伝わってきて良いです。

s_kirakira.JPG

a_kano.JPG

d_llpadd10.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

 [aiko]

「瞳」
収録アルバム「彼女」「まとめI」
収録DVD「LOVE LIKE POP add. 10th Anniversary」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「瞳」を紹介します。

aikoさんの友達が出産を迎えたときに作ったという曲で、ハミングのCMにもなりました。
弾き語りに近い感じでとてもきれいなメロディーが印象的です。
結婚式にも人気のようで使われた人も多いのではないでしょうか。

生まれてくる赤ちゃんに対して語りかけているような歌詞で、将来苦しいことも悲しいこともあるけれどいつも愛する人(母親?)がそばにいるから大丈夫。と言っているようです。
アルバム「彼女」は良い曲がとても多いですが、その最後を締めくくるのに納得の歌です。
aikoさんに歌を作ってもらえる人がいるなんて本当に羨ましい限りです。

a_kano.JPG

d_llpadd10.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

まとめ2015 [aiko]

aikoの曲を紹介するブログです。

2015年もあと少しですが、今までのまとめをしてみたいと思います。


【アルバム】

「astral Box」
 キスでおこして

「GIRLIE」
 ロージー

「小さな丸い好日」
 ジェット 歌姫 恋堕ちる時 夏にマフラー ナキ・ムシ

「桜の木の下」
 花火 傷跡 カブトムシ

「夏服」
 ロージー 心日和 September 雨踏むオーバーオール アスパラ

「秋そばにいるよ」
 赤いランプ 陽と陰 クローゼット 心に乙女

「暁のラブレター」
 彼の落書き アンドロメダ ふれていたい 夢のダンス 帽子と水着と水平線 すべての夜 えりあし

「夢の中のまっすぐな道」
 エナジー 明日もいつも通りに  恋の涙 ビードロの夜 愛のしぐさ 星物語2回目3回目

「彼女」
 シャッター 気付かれないように キスする前に 深海冷蔵庫 17の月 恋ひ明かす

「秘密」
 二人 ハルとアキ 星電話 恋道 シアワセ ウミウサギ

「BABY」
 beat  milk KissHug 夏が帰る 指先 ヒカリ トンネル

「まとめI」
 milk 花火 赤いランプ カブトムシ 夢のダンス 二時頃 シャッター 気付かれないように えりあし

「まとめII」
 アンドロメダ 二人 ナキ・ムシ 歌姫 KissHug 帽子と水着と水平線 ジェット シアワセ

「時のシルエット」
 Aka 冷たい嘘 運命 恋のスーパーボール クラスメイト

「泡のような愛だった」
 距離 4月の雨 透明ドロップ キスの息


シングル

「ハチミツ」
 ひまわりになったら

「あした」

「ナキ・ムシ」
 ナキ・ムシ 二時頃

「花火」
 花火

「カブトムシ」
 カブトムシ 恋人

「桜の時」
 アイツを振り向かせる方法

「ボーイフレンド」

「初恋」
 アスパラ

「ロージー」
 ロージー キスでおこして

「おやすみなさい」
 陽と陰 ココア

「あなたと握手」

「今度までには」
 愛の世界

「蝶々結び」
 帽子と水着と水平線

「アンドロメダ」
 アンドロメダ どろぼう 最後の夏休み

「えりあし」
 えりあし バスタブ ふたつの頬花

「かばん」
 テレビゲーム

「花風」
 ポニーテール

「三国駅」

「キラキラ」

「スター」
 蝶の羽飾り こんぺいとう

「雲は白リンゴは赤」
 シーソーの海

「シアワセ」
 シアワセ

「星のない世界/横顔」
 恋愛

「二人」
 二人 ひまわりになったら 寒いね...

「KissHug」
 KissHug 線香花火

「milk/嘆きのキス」
 milk なんて一日

「戻れない明日」

「向かいあわせ」

「恋のスーパーボール/ホーム」
 恋のスーパーボール

「ずっと」
 ぬけがら

「Loveletter/4月の雨」
 4月の雨 そんな話

「君の隣」
 朝寝ぼう

「あたしの向こう」
 あたしの向こう

「夢見る隙間」
 未来を拾いに

「プラマイ」

今年は15曲紹介して、合計82曲になりました。
今夜は大阪城ホールでカウントダウンライブです。とても楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シーソーの海 [aiko]

シーソーの海」
収録シングル「雲は白リンゴは赤」
収録DVD「LOVE LIKE POP add. 10th Anniversary

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「シーソーの海」を紹介します。

この曲はバサノヴァ風の穏やかな曲調でaikoにはめずらしいと思います。

1番ではベッドで彼とやりとりする会話を海の波に例えて、その波にシーソーのように乗っているところが歌われています。会話のシーソーを止めたくないけれど、ずっと続くわけではなく終わりはきてしまう。それなら最後はおやすみのキスであたしの「お喋りな口をふさいで」終わりにして。というところでしょうか。

2番では自分の感情が「行ったり来たり繰り返す」のをシーソーに例えています。感情が行ったり来たりというのは、幸せな時間を過ごしているときに”いつかは終わりが来てしまう”と考えて落ち込むというaiko独特の考えでしょう。
ふと終わりのことを考えてしまって感情が変わる瞬間のことを「風の匂いがふと変わる瞬間」と表現しているのだと思います。そんなときも「かまわずにキス」をして、あたしを安心させてと言っているようです。

aikoは1番と2番で1つの物事を表と裏から歌っていることがよくありますが、「シーソーの海」でも1番では幸せ、2番では不安と違う面から歌っていてaikoらしいです。

最後の「愛しい強さを注いで 醒めない様に」でメロディが変わりますが、ここがすごく良くて大好きです。

s_kumoha.JPG

d_llpadd10.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ハルとアキ [aiko]

「ハルとアキ」
収録アルバム「秘密」

aikoの曲を紹介するブログです。秋も深くなってきた今にぴったりな「ハルとアキ」を紹介します。

「秘密」は落ち着いた大人のアルバムというイメージですが、「ハルとアキ」はそれを代表するような曲です。エレピとブラスが秋の匂いを出しています。

歌の内容は、「よく行くお店の壁紙が替ってたり」「友達のメガネが新しくなってたり」世の中は少しずつ変わっていっている。そして「朝も昼も夜も苦しい程愛してた」あたしとあなたも、別々の道を進む時がやって来たというところでしょうか。
別れたくないけれど別れなくてはいけないというのではなく、自然と別れの日が来たという感じで他の歌とは少し違う印象がします。

「儚くて愛しくて1秒過去にも もう戻れなくて」というところの歌詞の割り方が好きです。

a_himitsu.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

beat [aiko]

「beat」
 収録アルバム「BABY」
 収録DVD「ウタウイヌ4」
  「Love Like Pop vol.13 add.(ポップとロック)」
  「Love Like Pop vol.15 add.(15)」
  「LOVE LIKE ROCK 0(aiko 15th Anniversary Tour 「ROCKS」)」
  「LOVE LIKE POP vol.16(aiko 15th Anniversary Tour 「POPS」)」
  「LOVE LIKE ALOHA 5(ROCKとALOHA)」
 その他 「LOVE LIKE POP vol.18(「May Dream」特典CD)」

aikoの曲を紹介するブログです。今回は「beat」を紹介します。

「beat」は新しいaikoを象徴するような曲です。アルバム「彼女」でデビュー以来続いてきたスタイルが変わったと感じるのですが、それが「BABY」に収録されている「milk」や「鏡」そして「beat」で新しいスタイルとして明確になった感じがします。
歌声もファルセットが多用されていてこれまでの歌と違うということが伝わってきます。
アルバムの1曲目として「BABY」を象徴するような曲で、これを聴いただけでこのアルバムが良いものだとわかります。

曲はピアノのリズミカルな音が前面に出ていてとても楽しい気分になります。Bメロの「それだけで」や「嬉しい」のところが良いアクセントになっています。「あたしを見てた」のリズムは変則ですが、aikoが口ずさみながら作ったのかなと思ったりしてしまいます。

曲調はそれまでのaikoから大きく進化していますが、歌詞はそれまでと変わらない言うかむしろ初期に近いです。ぱっと聴いただけでは何を言っているのかわからないのはもちろん、歌詞カードを読んでもよくわかりません。
失恋なのか片想いなのかそれすらもわかりませんが、両想いのシアワセな時間を歌っているわけではなさそうです。
「いつだってあなたがあたしを見てた」「忘れたいと目をつぶってしまった場所」とあるので、単純に考えれば付き合っていて別れたのかなと思います。
ただ「あなたが泣いている事」「今は解らないふりして ずっと話そう」とあるので、まだ別れていないかそもそも付き合っていないという考え方もできます。

付き合っているけれど相手が他の女の子を好きになっていることに気付いた。そしてその女の子と話しているところを見てしまった。そんなところかもしれないですね。

a_baby.JPG

d_utau4.JPG

d_llp13add.JPG

d_llp15add.JPG

d_ROCK0.JPG

d_POP16.JPG

d_lla5.JPG

d_llp18.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の30件 | -